耳鳴りのあれこれ|特徴や原因などについて見ていく

Women Health

耳鳴りについて

耳鳴りというと一般的にはキーンやピーという音が突然聞こえ数秒したら消えていくということで知られていて、これを経験しているという人も沢山います。こうなってしまう原因には色んな説が出てはいるのですが、未だ医学的根拠が得られておらず確実な根拠はありません。しかしひとつだけ言えることがあり、それは異常ではないということです。こういった耳鳴りは人間の生理的な働きの1つとも言えることで、なんらかのバランスを取っている表れがそういった音を感じさせていると言われています。ですが耳鳴りが何日も何ヶ月も、もしくは何年も鳴り続けているという場合は異常で、すぐに専門医に診てもらう必要があります。このような耳鳴りは慢性的なものであるともと言われて圧迫や痛みが起こった後に耳鳴りを自覚するようになったことや気にならない程度であったがいきなり強く鳴り出してきた、突発性難聴と診断されて治療後には耳鳴りが始まった、気がついたら音が鳴っていることが当たり前になっていたという特徴があります。またこういった特徴が現れた場合には突発性難聴やメニエール病または急性低音障害型感音難聴などの病名を告げられることがあり、これら以外ですと耳管狭窄症や耳管解放症状といったものがあります。この病気で最も注目をすることは全て原因不明ということです。ですが慢性的なものになると自律神経の乱れなども考えられることがありますので、まずは自律神経を整えることをしていく可能性もあります。